多様化するホテル

 

「出張マッサージの利用場所」として、「多様化するホテル」、についての説明です。

多様化する「出張マッサージの派遣先=お客様の利用場所」の「多様化するホテル」のご案内です。

もはや近年、「シティーホテル」か「ビジネスホテル」かという、二択では測りきれない「ホテル」の出現が顕著になってきています。

 

格安・安い、出張マッサージのヤマベ屋は東京都心部のホテル・自宅へ、廉価かつ高品質な出張マッサージを提供。

「JR 山手線」の内側は完全交通費無料エリア。

「JR 山手線」の外側は「マッサージ時間の条件」で交通費無料になります。詳細は「出張エリア」参照ください。

また「各種キャンペーン割引」も豊富。「格安・安い」出張マッサージをのさらに激安に、コスパよく、ご利用ください。

「出張エリア」の詳細はこちら

「キャンペーン」の詳細はこちら

出張マッサージの利用場所として「多様化するホテル」について、不明点・質問は下記より遠慮なくお電話で問い合わせください。

 

フリーコールで電話をかける (186)08008001240

 

❶ ホテルの楽しみ方も変わる?!

 

政府主導のAirbnb(エアビーアンドビー)も様々な問題をはらみながらも、すこしずつですが、今後進行していくのか?!定着化するのか?!

Airbnb(エアビーアンドビー)が日本に定着していくなら、既存の宿泊施設にも、今後影響を与えるでしょうから・・・。

すでに東京都内にも外国人が多く滞在する「サクラホテル」など、先行する「ゲストハウス」もありますが、ここ2~3年は「ゲストハウス」、「ホステル」・・・という業態のホテルが多くなってきています。

時々、出張マッサージを呼ばれますが、「ゲストハウス」、「ホステル」は入られないところも多いのが実際です。さらに「リトリートホテル」なるホテルも最近目立つ。

外国人もだが、日本人も「ゲストハウス」、「ホステル」に滞在する人が増えているようで。

各自のシーンに合わせて、高級ホテルと違って、普段使いの利用も可能ですし・・・。

ホテルも「ライフスタイル」で、その時の気分で選ぶ時代か?!

でもお金持ちが今更、「ゲストハウス」に滞在するとは、思えないけど・・・。

 

「こと体験」という言葉も最近聞きます。

ガイドブックを見ながら観光する、ということは終了。日本人には少し縁遠いが「バックパッカー」的な旅が偶然の出会いを生んだり、するだろうし。

それこそが「ゲストハウス」、「ホステル」が求まられる一因かも。

グランピングリゾートホテル、グラマラス(Glamorous=魅力的な)とキャンピング(Camping=キャンプ)を組み合わせた造語で、自分でキャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、自然環境の中でホテル並みの豪華で快適なサービスが受けられる、新しいキャンプスタイルのこと。自然色が強い宿泊施設なるものも最近耳にする機会が増えた。「星のや富士」なんかはここに入るのか?!

2018年8月にオープンした「ザ ノット トーキョー シンジュク」、まさに・・・。それまでの「新宿ニューシティホテル」からの方向転換には驚愕。ホテルの宿泊客以外の地域のお客さんもウェルカムなカフェなどが入る。

❷ 「格安 安い 出張マッサージ ヤマベ屋」について

紹介動画です。

© 2020 出張あんまマッサージ館 ミナトヤ Powered by AFFINGER5