禅的な考え方

禅的な考え方

 

出張あんまマッサージ館 ミナトヤ。「人妻・熟女」世代の熟練された技術と、その母性あふれるホスピタリティーとで、貴方を心身共に癒します。「今なぜ、人妻・熟女世代のマッサージ・スタッフなのか?!」が分かるはず!!東京都心部の貴方の滞在先のホテル、ご自宅へ、深夜24時まで出張マッサージを提供。「禅的な考え方」のご案内です。

 

 

❶ 「禅」をすると、どうなる?!

 

「出張マッサージとマインドフルネス」で触れましたが、「禅的な考え方」がストレス解消法として、昨今脚光を浴びています。

その「マインドフルネス」に大きな影響を与えた「禅的な考え方」とは?!

自分も、取り巻く社会も常に移り変わりゆくものであること、を意識できるようになる、といわれます。それに気づくことで、さらに強く生きられる、と。

例えば季節が、日本の四季が移り変わっていくように・・・、「禅」ではすべてのものは変化することにあらがうことはできない、と。よって、今を生きることが重要であると。

「諸法無我」という考え方が、「禅」にあります。要約すると、すべての存在には主体となる「我」がないことを、指します。自分という存在を意識することから、離れることを目指します。心理学用語の「自我」とはまさに、対極的。現代の心の病の多くは、「自己への過剰な愛」からくるものも、多い。「禅」では、その厄介な「自己愛」を退治してくれます。

 

❷ 坐禅の効果

 

「坐禅」を行うと、「α波(=アルファ波)」が出ることが分かっています。癒しの脳波といわれるα波、です。心身共にリラックスしているという、証でしょう。

その高いリラックス効果で、「自律神経」を整えるということです。

 

❸ 「禅的」生活

 

スティーヴ・ジョブズが実践していたせいか、とかくビジネスとリンクさせて考えられる「禅」

しかし、本来の「禅」的な生活とは?!自律神経を整えるためにすぐにできる、「禅」の暮らしの取り入れ方の例をあげると・・・。

① 余計なものは置かない:「禅」では空間に秩序を求める考え方がある。それは目の前に余計なものがあると集中できないから。

② 集中して一つのことをする:坐禅ではゆっくりと息を吐き、「腹式呼吸」

をし、セロトニンの分泌をうながし、心を落ち着かせます。二つのことを同時にすることはしません。

③ 各空間=部屋、の役割をきめる:禅宗の寺院がそうであるように、場所の役割を明確に決めます。そうすることで、一つのことに集中できると、考えます。その空間が狭くても。

④ 掃除に集中:修行の掃除は葉っぱ一枚残しません。掃除中は掃除のことのみを考えます。

⑤ 食事に集中:全身全霊で食べることで、作ってくれた人への感謝、その食材を生んだ自然に感謝。自分が生きるために犠牲になった動植物に感謝し、それによって得られた力を社会に役立てるという考え、です。

⑥ 花を置く:四季の移ろいを感じて、他社への感謝も。結果、部屋に美しいものを置くことで自律神経を整えることに。

⑦ スケジュールをつける:決まったことをするルーティンは心を落ち着かせる。やるべきことを把握できれば進捗状況を理解できる。

⑧ 墓参りをする:墓参りをすることで、生かされている自分に気づき、ご先祖様に感謝する。

⑨ 呼吸をゆっくりとすることを意識する:「出張マッサージとマインドフルネス」でも触れました「呼吸」の大切さ。できれば「腹式呼吸」で、

「副交感神経」が刺激されますから。別に座禅を実践しているときでなくても、ちょっとしたときに。自律神経が整います。

 

 

 

© 2020 出張あんまマッサージ館 ミナトヤ Powered by AFFINGER5