0120-915-710

【営業時間】16:00 PM~23:00 PM(予約受付)

求人案内・・・マッサージ経験者急募

東京都台東区

浅草で「熟女・主婦・人妻・母親」セラピストに癒される

浅草で熟女主婦人妻母親セラピストに癒される

「耳かき」サービスについて

「オプショナル・サービス」となります。

「120分 コース」には選択制で無料で、含まれます。

料金は下記「オプショナル・サービス」参照ください。

「耳かき」サービスの詳細は下記のバナーより「耳かき」ページで。

「耳かき」詳しくはコチラ

❶ 浅草について

浅草(あさくさ)は、東京都台東区の町名。

浅草寺の門前町として繁華街および観光地となっている。

また浅草駅は東京メトロ銀座線、都営浅草線と東武スカイツリーラインが接続しているほか、つくばエクスプレスの浅草駅とも近接しており、東京都区部と北関東を結ぶ拠点となっている。

浅草(あさくさ)は、東京都台東区のおよそ東半分を範囲とし、江戸・東京の下町を構成している地域の一つである。

浅草は下谷・本所・深川と並ぶ、東京下町の外郭をなす。

江戸時代以降より繁華街の一つとして栄えてきた。

関東大震災では浅草台地の固い地盤で揺れによる被害よりも主に火災で焼かれた後、東京府の都市計画により道路拡張をはじめ新たに市街地化された。

高度経済成長期以降は山手線沿線の池袋、新宿、渋谷などの発展により、東京都が制定する副都心(7か所)として、上野駅近辺と共に上野・浅草副都心を形成。

現在も下町情緒を感じさせる観光の街として賑わっている。

浅草地域西端と下谷地域の境に当たる合羽橋道具街では厨房で使用する業務用調理器具関連用品を取り扱う個性的な商店街が存在。

浅草地域南部には問屋街が広がっている。

浅草(観音裏、奥浅草)と称されている浅草寺以北の浅草地域には多くの中小の工場や日雇い街、吉原跡にはソープランド街が存在。

浅草地域は様々な意味合いで下町らしさが色濃いエリアである。

① 中清 東京都台東区浅草一丁目39番13号

中清(なかせい)は、東京都台東区浅草一丁目にある天ぷら屋の店舗。

中清は、幕末の頃、駿河出身の初代・中川鉄蔵が広小路通りに屋台を出し、1870年(明治3年)に、浅草公会堂前に天ぷら屋の店を構えたのが始まり。

店名の由来は、初代・中川鉄蔵が息子中川清五郎(後の二代目)の「中」と「清」をとり中清とした。

現在、初代から受け継がれてきた、江戸前の魚介類を使った江戸前天麩羅を、六代目・中川敬規が継承している。

 

中清の江戸前天麩羅は輪島塗のお重で提供される。

車海老、キス、穴子、メゴチなど、東京湾でとれた魚介類中心で、コース料理(7500円~)では提供される。

中清を語るうえで欠かせないのが、その想像以上に大きな、名物の「雷神揚げ」(3000円)で、ソフトボールほどの大きさもある。

中身は芝えびと青柳の貝柱。

➁ 駒形どぜう 東京都台東区駒形一丁目7番12号

駒形どぜう(こまかたどぜう、英称:Komakata Dozeu)は、東京都台東区駒形にある飲食店舗。

どぜう鍋(一人前1800円)で知られる。

店舗が存在するのは「台東区駒形(こまがた)」だが、店舗の名前は「駒形(こまかた)どぜう」である。

 

1801年(享和元年)、武蔵国の越後屋助七が江戸に奉公に出て来て、浅草駒形でめし屋を開き、どぜうなべやが始まる。

その後、江戸の関東大震災や第二次世界大戦により店が焼失したが再建。

本来「どぢやう」と表記すべきところを、縁起のいい奇数文字の「どぜう」としたのも初代の発案である。

どぜうは、江戸を代表する味覚の一つであった。

現在の店舗も商家造りで、江戸時代の雰囲気のままの佇まいを見せている。

1階は入れ込み座敷といわれる、昔ながらの座敷で、板を挟んで座るスタイル。

その独自の下ごしらえで、どぜうには全く臭みもなく、まるごと食べることができる。

 

いまだに靴を下足番に預けるシステムで、預けると番号札をもらう。

帰りには代済みの号札と靴を交換する。

そんな昔ながらのやり取りも店の雰囲気にピッタリ。

➂ 駒形前川 東京都台東区駒形2-1-29

駒形前川は、文化・文政年間(約200年前)創業の東京都台東区駒形に存在する鰻の老舗。

高村光太郎、池波正太郎が愛した鰻屋として有名である。

創業当時は大川(隅田川)に臨んだことから、屋号を「前川」とした。

自慢のタレは七代にわたり、受け継がれているとされる。

鰻重5184円には、お吸い物、お新香、水菓子がついている。

コース料理15120円~も楽しめます。

 

眼前には駒形橋、奥には吾妻橋、さらには東京スカイツリーが望める。

④ ちんや 東京都台東区浅草一丁目3番4号

ちんやは、東京都台東区浅草一丁目にあるすき焼き屋の店舗。

1880年(明治13年)に、現在地で料理屋を開いたのが始まり。

それ以前は、江戸時代、諸大名や豪商相手に狆(ちん)などの愛玩動物を納め、獣医を行っていたことから「狆屋(ちんや)」と呼ばれていたことが、現在の屋号につながる。

その後、1903年(明治36年)に、「すき焼き」屋となった。

1975年(昭和50年)に現在の建物に建て替えられた。

 

近年「適サシ」という言葉を生み出し、「適サシ」肉の基準を定めた。

精肉売店

ちんやと同ビルの1階にある。

定休日 - 火曜日

営業時間 - 午前10時30分 - 午後8時

レストランちんや亭

ちんやと同ビルの地下1階。

定休日 - 火曜・水曜日

営業時間 - 午前11時30分 - 午後4時

⑤ 浅草ビューホテル 東京都台東区西浅草3-17-1

浅草ビューホテル(あさくさビューホテル、Asakusa View Hotel)は、東京都台東区西浅草にある高層ホテルである。

同じ場所に本店を置く日本ビューホテル株式会社が運営、同ホテルグループの旗艦ホテルである。

 

1985年(昭和60年)9月に、国際通り沿いの浅草国際劇場跡地に開業した、地上28階地下3階建てのホテル。

タワー部は国際通りから約20度ずらして、隅田川とほぼ平行になるよう建てられており、南東側の客室からは隅田川の花火が一望できる。

客室壁面には小窓が設けてあり、隅田川の花火以外に、三社祭の活気、浅草寺の除夜の鐘の生の音を楽しむことが出来る。

まさに浅草にあるというロケーションを最大限生かせる構造。

特に東京スカイツリーを眺めることのできる27階東側のレストランでは、「世界一の夜景」をPRしている。

伝統とモダンをミックスした下町浅草で、宿泊、ウェディング、レストラン、宴会、法宴などもでき、ショップや温水プール備える。

また、東京スカイツリーフレンドシップホテルに登録されており、スカイツリー入場券の購入など、優待が受けられる。

2020年春開業予定であった「浅草ビューホテル アネックス 六区」(台東区浅草2丁目9番10号)は、新型コロナウイルス感染症の影響で開業が延期、2020年12月現在で正式な開業日は発表されていない。

⑴ トップバー アイスハウス 浅草ビューホテル内、28階

個々の売りは窓際の壁一面に広がる浅草の夜景。

浅草周辺の下町エリアにはそれほど高い建物が都心部の港区などのようにないため、その28階からの風景は神々しいほど。

窓際のベストビューシート1500円(9卓)の価値は十分にある。

ここから見えるのは、スカイツリー、花やしき、浅草寺。

⑥ 浅草寺 東京都台東区浅草二丁目3番1

浅草寺(せんそうじ)は、東京都台東区浅草2丁目にある東京都内最古の寺である。

山号は金龍山。

本尊は聖観世音菩薩。

元は天台宗に属していたが、昭和25年(1950年)に独立し、聖観音宗の本山となった。

観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」あるいは「浅草の観音様」と通称され、広く親しまれている。

都内では、唯一の坂東三十三箇所観音霊場の札所(13番)である。

江戸三十三箇所観音霊場の札所(1番)でもある。

全国有数の観光地であるため、正月の初詣では毎年多数の参拝客が訪れ、参拝客数は常に全国トップ10に収まっている。

⑴ 仲見世通り

雷門から宝蔵門に至る長さ約250mの表参道の両側には土産物、菓子などを売る商店が立ち並び、「仲見世通り」と呼ばれている。

商店は東側に54店、西側に35店を数える。

寺院建築風の外観を持つ店舗は、関東大震災による被災後、大正14年(1925年)に鉄筋コンクリート造で再建されたものである。

浅草寺は付近の住民に境内の清掃を賦役として課すかわりに、南谷の支院の軒先に床店(小屋掛けの店)を出す許可を与えた。

貞享2年(1685)頃のことで、これが仲見世の発祥といわれている。

❷ 当店の紹介動画

❸ 当店について

当店「母性の出張マッサージ リンパ堂」の出張エリアの中で、台東区浅草のご案内です。

浅草で熟女主婦人妻母親セラピストに癒される について、のご案内です。

「JR 山手線」の内側は完全交通費無料エリア。

一部の「JR 山手線」の外側の出張エリアは交通費別途ですが、

⓵ 台東区、荒川区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、江東区、墨田区の以上9区は「80分コース12,000円・キャンペーン」で交通費無料です。

➁ 上記⓵の外側の出張エリア(江戸川区、足立区、葛飾区、北区、板橋区、練馬区、中野区、世田谷区、杉並区、大田区)は、交通費3,000円で、その範囲は「環状七号線」までです。

「80分コース12,000円・キャンペーン」の詳細は下記「割引クーポン」から。

詳細は「出張エリア」参照ください。

他の割引クーポンも豊富。

「母性の出張マッサージ リンパ堂」をのさらにお得に、「割引クーポン」でコスパよく、ご利用ください。

「母性の出張マッサージ リンパ堂」は東京都心部のホテル・自宅へ、深夜23 pmまで「母性の出張マッサージ」を提供します。

 

当店の40歳オーバーの「熟女・主婦・人妻・母親」セラピストの熟練された技術と、その母性あふれるホスピタリティーで、貴方は子供の頃の記憶に浸るはず。

・・・母乳を飲み、座薬をさされ、おしめを変えられ、お風呂に入れてもらった・・・。

母性のマッサージで、幸福ホルモン=オキシトシンがでまくり、触られることの効果に気づくはず。

「出張エリア」

「割引クーポン」

❻ 当店へのお問い合わせ方法

当店「母性の出張マッサージ リンパ堂」の出張エリアの中で、台東区浅草のご案内です。

浅草で熟女主婦人妻母親セラピストに癒される、について、のご案内です。

当店の出張エリアの中で、台東区浅草ついて。

浅草で熟女主婦人妻母親セラピストに癒される、について、不明点・質問・予約・・・などは下記より遠慮なく「電話」、「問い合わせ・フォーム」からどうぞ。

① 「お問い合わせフォーム」

メールでの予約は、返信に時間がかかる場合があります。

営業時間中、深夜23時までにメールをして10分以上返信がない場合は電話をしてください。

「お問い合わせフォームはこちら」に

② 電話

フリーコールで電話をかける (186)0120915710

-東京都台東区
-, , , , , ,

© 2021 母性の出張マッサージ リンパ堂 Powered by AFFINGER5